ぽんたまっぷ 街紹介

東京ストロベリーパーク で男一人のイチゴ狩りに挑戦!「鶴見駅」

投稿日:2019年5月20日 更新日:

こんにちは。ぽんたまんです。

今回の企画は「一人〇〇シリーズ」です!そして「男一人のイチゴ狩り」に行ってきました!

しかも行った場所は、一年中イチゴ狩りが楽しめる「東京ストロベリーパーク」です。甘いイチゴがたくさん食べられるだけでなく、フォトジェニックな館内やカフェにビュッフェと盛りだくさんのイチゴテーマパークになっています。

早速潜入してみましょう!

東京ストロベリーパークに男一人で潜入!

鶴見駅からバスで約15分。外観からイチゴを感じる施設が東京ストロベリーパークです。いざっ男一人で潜入だ!

大きなイチゴがお出迎え!

入り口には、フォトジェニックなイチゴがお出迎え!私の身長より大きいです。

女性なら間違いなくテンションがぶち上がるでしょう。と言っている私も、テンションがアゲアゲになります。

とりあえず自撮り

普段は自撮りなんてしませんが、大きなイチゴに興奮したので自撮りしました。この顔でもテンションは上がっているのです。

 

入館したらイチゴ狩りの予約をしたことを受付で伝えましょう。わたしは予約の時間まで1時間あったので、館内をうろちょろと探検します。

内装がピンク!

内装がね。とにかくかわいい!!ところ狭しとピンクピンク!なんだかイチゴの香りさえしてきました。

壁にフォトジェニ!?

フォトジェニックなスポットもたくさんありますよ。

良い感じの笑顔

自撮りでは普段笑いませんが、自然とここまでの微笑みが出てしまいます。

これフォトジェニ??

これはフォトジェニックなのだろうか。。。この場にいるときには気がつきませんでしたが、おそらく下のような写真が撮れるのでしょう。

これはフォトジェニックや!

フォトジェニックスポットがたくさんあるので、お客さんのほとんどが女性です。男性のお客さんは家族で来ているか、カップルで来ているかのどっちかですね。

塗り絵だ!しかも無料!

塗り絵は無料でできます。他にもアイロンビーズも500円で楽しむことができますよ。思い出を作りましょう!

東京ストロベリーパークでイチゴ狩りを楽しむ

東京ストロベリーパークのすごいところは、一年中イチゴ狩りが楽しめることです。ハウス内は、オール電化で徹底した温度湿度管理をしています。

内観おしゃれ!

イチゴハウスの中に入ると、まずは待合所に通されます。ここでは、緑豊かな植物と水槽が出迎えてくれますよ。

水槽の真ん中にイチゴが!

 

時間になったら、待合所からイチゴ狩りゾーンに潜入します。

広すぎる!!

私「めっちゃ広いですね!」

スタッフ「約3000㎡(平米)あります。イチゴは20万株です。」

どちらにしてもスケールが大きい。。。

スタッフ「今はゴールデンウィーク後なので、イチゴが少ない時期なんです。イチゴの数を考えて、事前予約制という形を取らせていただいています。」

東京ストロベリーパークでもっとも注意したいポイントが、事前予約制だということです。いきなり行ってもイチゴ狩りはできないので、気をつけましょう。

真っ赤なイチゴがたくさん!

「ハウスだと赤くならないんじゃない!?」

正直、そう思っていました。

しかし全く逆です。真っ赤なイチゴがものすごく多いのです。

さらに清潔感がバッチリのイチゴばかりですよ。何より私が食べた中に虫が付いていたり、土で汚れていたりするイチゴはありませんでした。

「あ〜ん」!

彼女「はい!あ〜ん!」

私「周りに人たくさんいるし恥ずかしいよ。」

彼女「私がしたいだけだから。ね!おねがい♡」

私「んー。いいよ(照れながら)」

ってときの「あ〜ん」です。

 

スタッフの人にオススメされた「UCアルビオン」というイチゴで「あ〜ん」の写真を撮りました。気になる味はというと、少し酸味が強め!なんか柑橘系の果物に近いかも、、、その酸味の中には甘みもあるので、酸味強めが好きな方にはオススメのイチゴです。

品種は2019年の5月14日現在で、5品種あります。

  • UCアルビオン
  • とちおとめ
  • あきひめ
  • よつぼし
  • 信大BS8-9

個人的に1番好きだったのは、「よつぼし」です。甘さを強く感じたことと、香りまで濃厚だったので、いくつ食べても飽きない味と言えます。

スタッフに撮影してもらった

撮影時はこんな感じ。。。

私より恥ずかしかったのは、スタッフさんでしょう。いきなり撮りにくい写真をお願いしてしまい申し訳ない。。。

東京ストロベリーパークでビュッフェを楽しむ

東京ストロベリーパークは、イチゴ狩りだけができる施設ではありません。カフェやレストランもあり、半日かけて楽しむような施設になっています。私が次に訪れたのが「PARK SIDE KITCHEN」です。

ここはビュッフェレストランになっていて、女の子が好きなかわいい料理が盛りだくさんです。

前菜からデザートまで!

料理を見るだけでもテンションが上がってきますね。店内もピンクを基調としていて、フォトジェニック間違いなしです。

おそらく目玉!

何よりもインパクト抜群なのが、2つのチョコレートファウンテンです!人気のため女性が常に群がっております。そして女性たちのテンションのぶち上がり方が尋常ではない。

レストランには男のお客さんはほとんどいなかったですし、私の席の周りには、女子会を開く若い女性や主婦がたくさんいます。

一気に盛りすぎた。

フォトジェニックを狙って一気に盛り込みました。。。良い感じに盛れてますか??

さっそくいただきます!

どれも美味い!!ペペロンチーノとパテ(?)が非常に美味しかった。これは酒飲みとしてワインと一緒にいただきたいくらいだ。

ピンクの米

サラダからラザニア、マリネなど美味しいものはたくさんあったのですが、もっともお気に入りだったのは、このピンクのお米。なんとイチゴを練りこんだリゾットです。

これはぜひ食べてほしい!甘さよりイチゴの香りのするリゾットなのです。我慢できずにおかわりしました。。。

 

マニキュアが目立たない。。。

彼女「ぽんちゃん!はい!あ〜んしてあげる。」

私「隣に人いるって!」

彼女「いいでしょ♡」

私「。。。仕方ないなぁ。」

ってときの「あ〜ん」です!なかなか良い写真!普通のケーキより美味しい気がするぞ!

彼女目線

彼女「ちょっと、ぽんちゃん!口にクリームついているよ!」

私「えっ?」

彼女「取ってあげるからジッとしてて。」

私「あっ、ありがとう。。。」

ってときの彼女に対する目線です。ちなみに言っておきますが、この撮影中は周りに女性のお客さんがたくさんいました。

 

女性A「えっ?どうしたのあの人」

女性B「まさか一人で来てるの!?」

女性A「確かに、、、てか自撮りにこだわってるwww」

女性B「腕をくねっとさせてるしwww」

女性AB「ウケるwwwww」

 

そんな声が聞こえてきそうですね。。。てか聞こえてきた気がする。

ただ「あ〜ん」の良い写真が撮れましたし、何より美味しくて満足。。。

食い過ぎた。。。

吐きそうなくらい食べました。。。リゾットは美味しかったのですが、おかわりはやりすぎましたね。

イチゴラボとおみやげも魅力的

東京ストロベリーパークはイチゴ狩りとビュッフェが魅力的ですが、他にもイチゴラボとかわいいおみやげ屋も外せません。

イチゴラボでは、イチゴとカカオを日々研究しています。美味しいおみやげができるのもここで日々研究しているからなのです。

ガチの研究!

イチゴとチョコのおみやげを買うことができます。

他にもたくさんあるよ

そしてイチゴのパフェやスムージーもテイクアウトできます。イチゴ狩りの帰りに寄ってみるのもオススメですよ。

はい!スムージーだよ!

 

入り口付近にあるショップ

イチゴラボ以外にもおみやげ屋がありますので、ぜひチェックしたいところです。こちらはバッグやタオルなどの物販がメインですね。

東京ストロベリーパークは一年中イチゴを楽しめるテーマパーク

最寄りは鶴見駅!

東京ストロベリーパークはイチゴ狩りのハウスやレストランの調理、イチゴラボでの研究に使われているエネルギーがオール電化です。だからこそイチゴは一年中食べることができるのです。

イチゴ狩りは予約必須ですし、時期によっては予約も早く終わってしまうので、早めの予約がオススメです。

またレストランでは、さまざまな料理も食べることができます。時間とお腹に余裕があれば、ぜひ行ってほしいです。チョコファウンテンはフォトジェニ間違いなしですよ。

東京ストロベリーパークは鶴見駅からバスで15分くらいのところにあります。公共機関で行く場合は、バスが必須ですので、確認してください。

実は「一人あ〜ん」をしていた!?

実は以下のような話がありました。

 

私「次は一人でイチゴ狩りがしたいです。」

編集部「一人企画はいいんだけどさ。最近、新しいことしないよね。」

私「はぁ。。。」

編集部「。。。なんかやってよ。ただの一人〇〇って需要ないんだよ。」

 

男一人でイチゴ狩り。。。

確かにそんな記事に需要があるのだろうか。。。

編集部に言われたし、こうなったら彼女と一緒に楽しんでる雰囲気を出したい!

ということで!

今回は「一人あ〜ん」の撮影にも挑んだのです!

彼女に「あ〜ん」してもらえば、SNS上ではリア充感を演出できます。

 

そんなこんなで、前日から準備してきました。

マニキュアを塗り

前日、母親にマニキュアを塗ってもらいました。東京ストロベリーパークの内装に合わせたピンク色です!

左の手が白くて女性っぽい!

さらにイチゴ狩りを待っている間に、ファンデーションを塗りました!左側の手の方が少しだけ白くなっていて、女性っぽい雰囲気がありますよね!?

引用:ぱくたそ

実は、こんなかわいい子に「あ〜ん」されたい!っていうイメージでした。

というか私が「あ〜ん」されたのは、いつが最後だろうか。。。

 

思い出せない。

 

≫このエリアの募集物件を探す

≫京浜東北線沿線の募集物件を探す

 

The following two tabs change content below.
アバター

ぽんたまん

意識低い系Webライターのぽんたまんです。みんなの暇つぶしになるような企画記事やB級スポット記事を執筆中。好きなものは音楽とお酒、路地裏。

-ぽんたまっぷ, 街紹介
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

金運を爆上げする方法を試して競艇に挑戦!私の1万円がまさかの〇〇に「 平和島 駅」

こんにちは。ぽんたまんです。 以前友人とこんな会話をしました。 友人「俺って普段遅刻はしないんだけど、この前めっちゃギリの時間に起きちゃってさ。もう電車に間に合わない!ってなった時に、たまたま電車が2 …

池袋で1人飲みできる居酒屋を6件回ってみた!せんべろ店女性だけで入れるお店もあるよ

埼玉の玄関、池袋。 わたしは所沢に住んでいるので、池袋で週に5回くらい乗り換えます。そこで思ったことは仕事帰りに一杯飲めるお店が知りたいということ。 この記事では、池袋で1人飲みしやすい居酒屋を6件紹 …

新小岩 で一人飲み!人気のせんべろ居酒屋3店舗をハシゴ酒

昭和レトロな街並みが魅力の新小岩。ディープでカオスな街とも呼ばれていますが、そんな街に惹きつけられるものがあります。それがディープさゆえの飲み屋たち。 仕事に疲れた私たちを癒してくれるお酒を安価で楽し …

江戸に栄えた 吉原 (遊郭)の現在の姿を探ってみます

こんにちは。ディープスポット散歩人のぽんたまんです。 東京都内にはたくさんの散歩スポットがあります。 谷根千 深大寺 吉原。。。えっ!?吉原!? 吉原と言えば江戸時代から続く成人男性のテーマパークです …

武蔵小山の超長い商店街「パルム」を食べ歩き!夏に嬉しい冷たいスポットも紹介

商店街「パルム」は、武蔵小山を代表する全長800mの超長い商店街です。 東京屈指のアーケード街ということもあり、知っている人も多いでしょう。 しかし、東京屈指の商店街にどのようなお店があるのか気になる …